つらい便秘の原因と青汁を飲んで効果がでるものなのか

 

便秘が続くと体調不良になるだけでなく、なんともいえないもやもや感があり、何とも言えない辛さがありますね。
日本人は便秘で悩んでいる人が多く解消するために、いろいろな薬を試している方もいます。
しかし薬に頼ると便秘が解消されても、身体にあまりいいとはいえない面もあるのです。
そのため体がもつ自然治癒力を引き出してくれる青汁は、健康的でおすすめできます。

便秘の定義

一般的な便秘の症状は3日から4日の間お通じがない状態や、排便があってもまだ残っているような状態のことです。
しかし症状はひとそれぞれであり毎日お通じがあっても、何か溜まっているような感覚がある人もいます。
そして便秘といってもいくつかの種類があり、その原因も一様ではないのですね。

便秘の原因

その便秘の中でも腸の動きが十分でないことが原因で起こるのが、弛緩性の便秘であり青汁を飲むと効果が期待できます。
弛緩性の便秘は腸の運動が不完全なことで本来なら外部へ出ていく老廃物が、腸内にとどまり続けることで水分を吸い便が硬化するのでさらに留まってしまうのです。
この弛緩性の便秘の原因は野菜をあまりとらなかったり、水を飲まなかったり運動不足などが重なることで起こります。

日本人はおおむね野菜不足といわれており、西洋風の食事やジャンクフードの食べ過ぎなどがお腹が詰まる大きな理由と言えますね。
しかし現実的に国が定める野菜の摂取量を毎日摂ることは非常に難しいのです。
ほうれん草やニンジンやトマトやキャベツやきゅうりをコンスタントと食べようとすれば、費用も調理もかなりの負担になってしまうからです。
しかし青汁ならば十分な食物繊維を比較的簡単に摂取することができるのです。
調理も要らずコストもかからず、いつでもどこでも摂れるので便利なのですね。

まとめ

便秘で苦しんでいる人は青汁を飲むことで、残便感がなくなりすっきりして、もやもや感がなくなり明るい毎日が戻ってきます 😀 
体調がよくなると心も軽やかになり、仕事に家事に趣味に打ち込むことができるようになります。
青汁は便秘解消にはもっとも効果のある方法です。