青汁の主成分、野菜の王様ケールの栄養素とその健康効果とは?

 

 

青汁には、いろいろな野菜が使用されており、その健康効果も様々です。
中でも、ケールは野菜の王様と言われるほど、栄養素の高い野菜です。
ここでは、青汁の原材料の中でも代表的なケール青汁について、その栄養素や健康効果についてまとめてみました。

ケールってどんな野菜

ケールとは、アブラナ科の植物で、見た目は、濃い緑色の葉がくるくるとカールしているのが大きな特徴。
キャベツやブロッコリー などおなじみの野菜は、なんと、ケールを品種改良して作られたものなのです。
ケールは、栄養バランスに優れ、体に必要な栄養素が豊富に含まれているスーパー野菜です。
ただ、ケールには、青臭さとえぐみがあり、独特の味をしています。
にんじんやかぼちゃなどのように、需要が多いわけではありません。

その為か、スーパーなどの野菜売り場で、ケールをあまり見かけることがありませんね。
味は美味しくなくても、栄養価の高いケールを取り入れたいという方のためには、青汁が最適です。
最近は、飲みやすい青汁も多く出回っていて、抹茶のような味と風味のケール青汁も、たくさんあります。

ケールに含まれる栄養素は?

ケールには、ビタミン Cや E、ベータカロテンなどのビタミン類が豊富です。
また、ビタミン B の一種である葉酸も多く含まれており、妊娠中の女性も安心して摂れる野菜です。
食物繊維も豊富で、血糖値の上昇を抑えたり、便秘解消にも効果があります。
さらに、ケールには、骨や歯を強くするカルシウムの含有量も多く、牛乳の2倍のカルシウムが含まれています。
ケール独特の栄養素として、メラトニンという成分があります。メラトニンは、睡眠を促すホルモンです。
ケールを飲むと、安眠にも効果があるなんて、嬉しいですね 😀 

まとめ

栄養素が高く、野菜の王様と言われているケール。
ケールには、ビタミンや食物繊維カルシウムなど、人間の体にとって、とても大切な栄養素が豊富に含まれています。
ただ、青臭い味がするため、ケールを摂るには、青汁として飲むのが最適とされています。
牛乳や豆乳を加えたり、はちみつを加えたりすると、青臭さが軽減され、まろやかで飲みやすくなるので、おすすめです。